農地の売却

農地の売却

こんにちは、東京都文京区本郷三丁目駅徒歩4分の谷澤佳彦税理士事務所です。

今日は農地の売却のお話です。
農地の売却、私自身の話です。
相続で取得した農地を売却しようと動いており、話が進んでいます。
将来は分譲住宅用地となる予定です。

農地の売却は容易ではないことを知っていただきたく、投稿します。
とりわけ都心でない所の話です。

農地でも、農地として農業従事者(農業委員会に登録されており、耕作面積は原則1,000?以上)に売却するのは難しくありません。
農地を非農地とする目的をもって売却するとなると様々なハードルがあります。

まずは農地法です。
地元の役所の農業委員会の許可が必要です。
今回売却しようとしている農地、農地法に加え、更に農業振興地域の整備に関する法律、略して農振法の規制のある地域です。

農地法は食料自給を目的とした農地の保護が目的です。もっとも一方で減反政策があり、農地の耕作をさせていませんが。
農振法はその農地をさらに強力に保護するもので、一定の地域を農振法の対象としています。
農振法では、同地域を原則として(建前論ですが)、非農地化することは認めません。
ただ、農振法地域であっても、場所によっては非農地化の申請が結構認められます。
農振法の規制の厳しい地域と、ゆるい地域があるのです。

今回の売却対象、農振法の対象地域です。
非農化することを、農振除外申請といいます。
農振除外申請ですが、都道府県知事認可となり、年に数回(都道府県によって違います)しか受付がありません。
受付後ですが、除外申請認可まで更に数ヶ月かかります。
農振除外認可まで、売却話がまとまってから数ヶ月?1年かかるのです。

ちなみに私の所有する不動産の地域、農振法の規制は比較的ゆるい地域です。
なので、売却話が進んでいます。

さて、農振除外認可の次は、市町村の農業委員会の許可申請となります。
農振除外申請が通れば、農業委員会の許可は比較的容易に通ります。

ここまで平均して1年?1年半の道のりです。

これで売却が進んでも、更にもう1つ、山があります。
それは文化財保護法です。
文化財が埋もれている可能性がある地域であれば、地元の役所の教育委員会立会いの下、土を掘ります。
試掘してみて、埋もれていないようであれば、それで話は終了です。
埋もれている可能性があれば、本掘りとなり、採掘費用は土地所有者の負担となります。
当然、本掘りの間、土地の売買はできません。
また、文化財が見つかった場合、保全を命じられる可能性もあります。

文化財埋設の可能性がないと判断されれば、ようやく土地の売買完了となります。

農地の宅地化を目的とした売買、地域によってはこんなに大変なのです。
以上、農業を行わない農地所有者の税理士の戯言でした。

※税理士による文京相続相談室(谷澤佳彦税理士事務所)では、相続に関するご相談を初回面談無料にて積極的にお引き受けしております。