ジュニアNISAの口座受入は28年4月開始

ジュニアNISAの口座受入は28年4月開始

こんにちは、東京都文京区本郷三丁目の税理士・谷澤です。

ジュニアNISAの口座受入は28年4月開始 という話です。

平成27年度税制改正の中で、注目される項目の一つとして挙げられるのが「ジュニアNISA」の創設です。
未成年者口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置す。

その年1月1日において20歳未満である居住者等が、未成年者口座に設けた非課税管理勘定及び継続管理勘定において管理されている上場株式等の配当等及び上場株式等の譲渡所得等については、所得税が課されません。

非課税管理勘定は、平成28年から平成35年までの各年に設けることができます。
毎年80万円を上限に、新たに取得した上場株式等の受け入れあるいは同一の未成年者口座の他の非課税管理勘定から移管される上場株式等の受け入れが認めらます。
非課税となる期間は、非課税管理勘定を設けた日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの期間とされています。

継続管理勘定は、平成36年から平成40年までの各年に設けることができます。
毎年80万円を上限に、同一の未成年者口座の非課税管理勘定から移管される上場株式等の受け入れが認められます。
配当及び譲渡所得等が非課税となる期間は、その継続管理勘定を設けた日からその未成年者口座を開設した者がその年1月1日において20歳である年の前年12月31日までの期間とされています。

未成年者口座内の上場株式等及び課税されなかった配当等は、災害等やむを得ない事由がない限り、満18歳となるまでの間は払い出しが認められません。
払出制限について要件違反があった場合には、過去の利益について20%税率で源泉徴収されることになります。
未成年者口座を開設している者が20歳に到達した場合には、ジュニアNISAからNISAへの移管が認められます。

なお、今回の改正は、平成28年1月1日以後に口座開設の申し込みがされ、同年4月1日から同口座に受け入れる上場株式等に適用されます。


東京都文京区の税理士による文京相続相談室(谷澤税理士事務所)は、相続税申告に限らず、相続相談や遺産整理、事業承継対策をお手伝いいたします。少額案件のご相談もお受けしております。