交通費精算

交通費精算

こんにちは、東京都文京区本郷三丁目の税理士・谷澤です。

4月から消費税率がアップしましたが、東京近辺の鉄道会社では、現金払いの運賃とICカード決済では相違する状況になりました。
ICカードは1円単位で、旧運賃の108/105で計算されますが、現金は10円単位です。
基本的に現金の方が割高です。

鉄道会社としては、ICカード決済が増えることにより自動券売機を減らし、コスト削減ができます。
狙いはここにあると思います。
券売機を撤去して空いたスペースには物販店を展開など、駅ナカビジネスにもつながります。

さて、各会社の交通費精算ですが、現金とICカードの二重運賃、どう精算しているのでしょうか?
東京近辺ではかなりの方が何らかのICカードを所有しています。
ご高齢の方はなかなか馴染めず、現金決済が多いかもしれません。

会社としては経費を削減したいので、安いICカード運賃を適用して、交通費精算をかけるようです。

東京近辺以外の会社では二重運賃は生じません。

皆さんの会社ではいかがですか?


※個人の相続対策及び遺産整理について、東京都文京区本郷の谷澤税理士事務所では積極的に対応しております。
少額の案件も対応いたします。初回相談無料、平日夜間、土日も対応いたします。お気軽にご連絡下さい