趣味用品 切手の評価

趣味用品 切手の評価

こんにちは、東京都文京区本郷三丁目の税理士・谷澤です。

40年ほど前、あるいはそれ以前、趣味として切手を収集するのがブームになったことがあります。
その時に収集した切手が遺品となって残る場合があります。

この切手、鑑定評価すると、古くて希少価値のあるもの以外は額面割れとなります。
上級コレクターの遺品であれば、希少価値のあるものばかりでしょう。
しかし、ブームに乗って収集しただけの切手は、コレクターとしては初心者のままで終わったと思われます。

趣味の切手の世界、今は初心者が殆どいません。
中級以上の方が殆どのようです。
新たに趣味として切手を収集する人が増えるなら、初心者向けの切手も売れるでしょう。
しかし、初心者が殆ど増えない世界、初心者向けの切手は業者が買い取りません。
評価額云々でなく、売れないのです。

以下、日本切手の話です。

綺麗な記念切手は普通切手より大きいのが大半です。
古いほど、大きいが、額面は小さいのです。

古い記念切手、今はどう流通しているのでしょうか?
ダイレクトメールの発送業者などが最終的に日本郵便に送料代わりに利用しています。
別納郵便の送料は現金でなく、切手で支払ってもOKです。

金券ショップや趣味の切手業者が引き取りますが、かなりの部分はダイレクトメール業者に額面割れで引き取られます。

ダイレクトメール業者への引き渡しは、台紙に切手を貼った状態です。
すると、普通切手や小さい記念切手は台紙に切手をたくさん貼れます。
でも大きな記念切手は貼れる枚数が減ってしまいます。

このようなわけで、大きさがあるものの、額面の小さい記念切手は嫌われるのです。

額面の小さい大きな記念切手は、金券ショップでよく売られています。
当然、額面割れです。

なお、5円切手や7円切手などは金券ショップでも買い手が殆どいないのが実態ではないでしょうか?

ただ、額面が幾らであれ、切手としては今のところ、利用期限がなく額面の金額で使えます。
資金的に困っていないなら、無理に安い金額で換金しなくとも、郵便に使えばいいと思います。

このような切手の相続税評価は額面でしょうか?
私見ですが、正味換金可能価額と判断、初心者向けの切手は額面割れで税務申告をしております。

※東京都文京区の税理士による文京相続相談室(谷澤税理士事務所)は、相続税申告に限らず、相続相談や遺産整理、事業承継対策をお手伝いいたします。少額案件のご相談もお受けしております。